PLOOMTECHの最新ニュース!購入予約情報を最速でお届け!全国店舗の情報やオークション相場、身体への健康害についてなど詳しく解説!プルームテックのまとめサイトです。

プルームテック無料予約INFO

ポイント貯めて電子タバコをGET!

無料でptも貯まりやすい♪

ネタ

ランニングコスト(毎月かかる費用)ってどれくらいになるの?

投稿日:

プルームテックのランニングコストについて紹介しています。

プルームテックを使用した場合、1ヶ月あたりのランニングコストはどのくらい必要になるでしょうか?

紙巻きたばこのランニングコストは?

紙巻きたばこを1箱450円とした場合、1ヶ月あたり13500円になります。
1日に1箱(20本)吸う事を前提にした金額です。

 

紙巻きたばこを購入する以外にかかる費用は、使い捨てライターや詰め替え用ライターであればオイルやガスになりますね。

 
ライターやオイルを1ヶ月500円とすれば、14000円がランニングコストになるわけです。

プルームテックのランニングコストは?

プルームテックのたばこカプセルはカートリッジとセットになっていて5個入り460円です。

 

 

たばこカプセル1個につき50パフなので、1箱では250パフという事になります。

 

 
50パフは、紙巻きたばこの吸う回数に換算すれば5本分。

 

 
紙巻きたばこは、100Sやスリムタイプなど種類によって吸う回数は変動しますが、10回~14回くらいが一般的な回数になっています。

 

 
半分くらいで吸うのを止める方であれば5回くらいになるので、完全な平均値を出すのは難しいですが、ある程度の数値と考えれば10回が妥当ですよね。

 

そこから考えれば、50パフは5本分なので1箱25本分という事になります。
20本入りの紙巻きたばこを購入するよりも5本分お得という事が言えるでしょう。

 

プルームテックのたばこカプセルは計算すると1ヶ月に24箱必要になります。

 

1箱460円なので1ヶ月分では、11040円になるわけです。送料や手数料を含めると500円。

 

ライターやオイルなどの周辺にかかる金額を抜かした場合は、プルームテックの方が2460円お得になります。

 
最初にスターターキットを購入した場合でも2ヶ月で元が取れるので、紙巻きたばこを吸うよりはプルームテックの方がランニングコストは安くなるかもしれません。

 

カートリッジが全国のコンビニや自動販売機で売られるようになれば、コストはもっと抑えられるようになるかもしれません。

-ネタ

Copyright© プルームテック無料予約INFO , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.